佐賀県基山町発ローカルメディア〜おおあざきやま〜

地産地消ジビエを食卓に!基山町内スーパーに並ぶ佐賀県産イノシシ肉

基山町内で2019年1月下旬から、一時全国的にブームになった”ジビエ(Gibier)”が売られているとの情報が入ってきました!

ジビエとは狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を意味する言葉(フランス語)で、ヨーロッパでは貴族の伝統料理として古くから発展してきた食文化です。

一般社団法人日本ジビエ振興協会HPより抜粋

ジビエの取り扱いを始めたのは、基山町長野エリアにあるイオングループ系列のスーパーマーケット、マックスバリュ基山店です。

町内で唯一24時間営業しているスーパー

おそらく町内で一番の売り場面積を誇る店内

今回の取材は食肉売り場が舞台です

実は、プライベートで狩猟免許を持っている「罠ガール」こと私、西川。ジビエは、家畜と違って定期的に一定量が捕れるわけではなく、しかも、人間の管理の行き届かない自然の中で暮らしているので、市販の際は衛生面も心配…とよく聞きます。

そこで消費者の皆さんの「そこんトコ、ど~なの!?」を今回、取材してきました!詳しいお話を聞かせてくださったのは、店長の冨田さんと精肉コーナー担当の本田さんです。

笑顔が絶えない店長の冨田さん(右)と、精肉コーナー担当の本田さん(左)

まず、マックスバリュでのジビエ取り扱いについて聞いてみると、「九州産のジビエは以前から販売していた」という予想外の回答が!

そもそもはマックスバリュ九州として、「農林産物被害対策で捕獲されたイノシシ肉(ジビエ)の利用拡大に、『スーパーとして貢献できれば』」と、2016年から福岡や長崎エリアを皮切りに、九州各地の店舗で販売していたんですって!

平成31年1月31日の西日本新聞で紹介

そして2019年。今までとの違いは、佐賀県の背振エリアで捕れたイノシシ肉の販売が佐賀県内で始まったということ!

冷凍コーナーにイノシシ肉の一角!

「背振ジビエ」のロゴデザインも可愛い♪

今回店頭に並ぶジビエの加工は、佐賀県内では一番設備の整った食肉加工センターと言われている吉野ヶ里町脊振山系鳥獣処理加工センターで行われています。この施設で、解体から精肉、パッケージ化といった商品になるまでの一連の流れを全て行うため、菌などの汚れが付着する心配がありません。もちろん、保健所の許可も下りています。

ほぼ無菌状態でのパッケージは冷凍すると約1年間保存できることから、安定した供給ができるのか?という懸念点もクリア!ジビエには、どうしても捕れない時期があるため、売り場に穴が空く可能性が大きいと言われてきました。しかし、捕れる時期にたくさんの在庫を確保することができれば、流通面も心強いですね♪

自然のものを自然のまま、果実や野菜を食べて育つイノシシ。ヘルシーで胃もたれしにくいそう

ここで、消費者である私たちが一番気になるのが、調理法!これまで食卓に並ぶ機会が少なかったイノシシ肉をどう調理したら美味しくいただけるのか、オススメの食べ方を聞いてみました。

実食済みの売り場担当、本田さん。イノシシ肉への笑顔がその感想を物語ってます!

本田さんは、”ぼたん鍋”とよく聞くので、お鍋に入れてみたんだそう!「匂いが気になると聞くけど、全然そんなことなかった。イノシシだと言われなかったら分からないと思う」とおっしゃってました。しかし、煮込みすぎたのか固くなってしまったという失敗談も…。

マックスバリュ九州のジビエ販売を統括している畜産部長、中村さんのオススメの食べ方は、「素材の味がよく分かるので、塩コショウで焼くのが、一番ですね」。私も仕事柄よくイノシシのお肉を食べるのですが、確かに、BBQが一番美味しい気がします♪

売り場の「九州ジビエレシピ」は必読

ちなみにマックスバリュ九州が、店頭で提案しているレシピがこちら。

  • ぼたん鍋(いのしし鍋)
  • イノシシとごぼうの肉うどん
  • イノシシ肉のねぎ塩だれ
  • イノシシ肉のピリ辛生姜焼き

先ほど本田さんが固くなってしまったと言っていたぼたん鍋。煮込む時間に、ポイントがあるのかもしれません。

なお2019年2月現在、マックスバリュ基山店で販売されているイノシシ肉は、2種類。

  • 佐賀県産猪肉 切り落し(冷凍) 150g 753円(税込)
  • 佐賀県産猪肉 ローススライス(冷凍) 150g 861円(税込)

これから種類を増やしていく予定もあるそうで、楽しみですね。

九州に156店舗あるスーパーマーケット、マックスバリュ。そのうち50店舗しか、このジビエは販売されていないらしく、その50店舗の中に基山町が入っているなんて、なんともラッキー。在庫が少ないかもしれないイノシシ肉が売り場に残っていたら、ダブルでラッキーです!

佐賀県東部エリアでは、基山店のみで佐賀県産ジビエを販売中!

地産地消のイノシシ肉を販売している佐賀県内のマックスバリュは、基山店以外に3店舗あります。

  • マックスバリュ唐津店
  • マックスバリュ南佐賀店
  • マックスバリュ伊万里駅前店

そういえば2019年の干支は、亥…。今年は九州各地ならびに佐賀県、そして基山町近郊の食卓までもが、イノシシに縁のある年になりそうです!

場所ごあんない

マックスバリュ基山店

アクセス

  • JR基山駅から車でおよそ2分
  • 鳥栖ICから車でおよそ6分

営業時間・定休日

  • 営業時間:24時間営業
  • 定休日:無休

お問い合わせ

  • TEL:0942-81-7888

関連リンク

by
大字基山編集部メンバー / さが地域ッズサポーター、イラストレーター
鹿児島県徳之島出身。
基山町で子育て世代と地域をつなぐため、町内のまちづくり団体などと連携して活動を行なっている。
SNSでフォローする

メニューは表示されません