佐賀県基山町発ローカルメディア〜おおあざきやま〜

編集部の活動を支援する「大字サポーター」制度について(大字PR)

2018年度から、大字基山の趣旨に賛同して下さる企業・個人事業主を対象にした、「大字サポーター」制度がスタートしています。

「大字サポーター」制度導入の経緯

2017年から、基山町のまちづくり基金事業として活動をスタートした大字基山編集部(2019年3月で助成終了)。

日々の活動に必要な電話代や交通費。活動に関わるメンバーの人件費は自己負担、もしくは自主財源から捻出しています。

  • 大字基山のような小さなローカルメディアを続けていくためには、どうしていくべきなのか?
  • そもそも、どこまで続けられるのか?続けたほうがいいのだろうか?
  • 自分たちで、無理のない範囲でできることはなんだろう?

編集部内でもいろんな案が出ては消え、今後の課題や懸念も噴出しつつ、読者から聞こえてくる嬉しい声を糧にして、理想を形にすべく頑張っています。

大字サポーターとは

そこで2018年度から、「大字サポーター」を募集する試みを始めています。

大字サポーターは、大字基山の活動趣旨に賛同し、その活動維持・充実のためにさまざまな形でサポートしてくださる法人・個人(スポンサー)のこと。

大字サポーターの初期費用は年間3万円から受け付けています。そのお礼として、大字基山編集部が提供できることは以下の2点です。

  1. 大字基山ページ内に、事業者名・リンク掲載
  2. 大字サポーターとして事業者の紹介記事1本掲載(契約期間のみ)

また2019年度より、バナー広告や記事広告のプランも用意しています。

地域貢献活動(CSR)の一環としてプラン詳細に関心をお持ちの方は、直接、編集部メンバーへお声がけいただくか、問い合わせフォームよりご連絡いただければ幸いです。

最新のサポーター一覧は、大字基山編集部のプロフィールページに掲載しています。

大字基山編集部は、町内の多くの方に支援いただいているという自覚を持って、今まで以上に真面目に堅実に(かつマイペースに)、初心貫徹で丁寧な取材活動を継続していきます。

 

※2019年7月に、一部加筆修正しています

SNSでフォローする

メニューは表示されません