佐賀県基山町発ローカルメディア〜おおあざきやま〜

秋分の日は御神幸祭!荒穂神社の普段の様子

9月23日秋分の日、今年も基山町の伝統行事、荒穂神社の御神幸(みゆき)祭がおこなわれます。

平安時代から続くという女人禁制のお祭り(見学のみOK)、地元の男性陣による準備も佳境かと思われますが…この機会に、普段の荒穂神社の写真をいくつか。

基山町荒穂神社入り口

基山(きざん)を見上げる形で鎮座する荒穂神社。この参道を通って、祭りの行列が御仮殿(基山町老人憩の家、北側の社殿)まで練り歩きます。

基山町荒穂神社バス停

参道入口は、基山町内を巡回する、きやまコミュニティバスの停留所にもなっています。

基山町荒穂神社境内

ある晴れた平日の朝にうかがいましたが、地元の方がひっきりなしに参拝に訪れていました。いにしえから熱心に信仰されている地元の、基山の山頂にいらっしゃるという神様が主祭神。広々とした境内が、早朝と夕刻以降の祭りの舞台です。

基山町荒穂神社本殿

神様が御神輿に乗って神社からお出でになることを御神幸(ごしんこう)と言うらしく、大祭はその6日前にお酒の栓を開けることからスタート。その後、さまざまな祭事が行われ、当日を迎えます。早朝4時ごろから祭事が始まり、御仮殿へ場所を移動し正午から各種芸能が奉納され、また本殿へと戻って祭事…と23日は息つく間もなく、神様に感謝を捧げる1日となるようです。

ちなみに各種芸能とは、獅子舞や鉦風流…地元民が御神幸祭を「どんきゃんきゃん」と呼ぶ由来になった奉納芸など、百聞は一見にしかず。

緑の場所が、御神幸祭の臨時駐車場(役場HPより)

当日は正午ごろから始まる御仮殿での祭事見学者のために、基山町役場と基山町福祉交流館に臨時駐車場が設けられます。基山駅から駐車場経由の臨時バスも出るそうなので、電車で観光に訪れることもできますよ。駐車場からちょっと歩くことになるので、歩きやすい足元がおすすめです。

御仮殿のごあんない

基山町老人憩の家

アクセス

鳥栖筑紫野道路宮浦ICから車で約2分(臨時駐車場は基山町役場と基山町福祉交流館)

お問い合わせ

基山町役場教育学習課ふるさと歴史係 TEL:0942-92-2200

by
大字基山編集長 / フリーライター
福岡市出身の基山町在住、2児の母。
佐賀新聞で、鳥栖・基山地区の地域リポーターとして取材・執筆もしています。
SNSでフォローする

メニューは表示されません