おおあざきやま〜佐賀県基山町発ローカルメディア〜

園部の山中で”竹”のお祭り!昼食付き参加無料「ありっ竹祭」4/29

皆さんはタケノコがお好きですか?私は大好きです!

来る2018年4月29日…昭和の日。(平成が終われば「平成の日」という祝日もできるのでしょうか?)

基山町園部の山の中で、年に一度の「ありっ竹祭」という竹のお祭りが今年も予定されています!

昨年の様子

竹のお祭りってどんなことをしているのか…気になる方のために、昨年の様子をお届けします。

まずはみんなでタケノコ掘り!

こんな山道・斜面を下り…

いざ、タケノコ掘り!お子さん連れでもスタッフが見てくれたりします

タケノコ掘りから帰ってくると、お昼ご飯ができています!

お腹を満たした後はのんびりステージを堪能

和太鼓の演奏!

太鼓のリズムに合わせた舞!

竹で作られた玩具で遊ぶ時間もあります

「かいろう基山」の方々が手伝って下さるので、タケノコ掘り初心者も、親子連れの参加も、安心です♪

「かいろう基山」って?

ありっ竹祭の主催は、特定非営利活動法人かいろう基山

森づくりを通し、人づくり、地域づくりを活動の基軸としている団体です。平均年齢が70歳を超える彼らの具体的な活動は、日常的な竹の伐採!

孟宗竹は、竹の中でも特に森林を侵食するんだそうで、火曜日から土曜日の8:30~11:30は雨が降ろうと、暑い日も、寒い日も竹を切りに山へ分け入っているそうです。

普段の活動の様子

そして、伐った竹も無駄にはしません。竹チップ、竹炭、そしてこれらを使って作る牛ふん堆肥、竹酢液、竹パウダー、乳酸菌酵母液などへ資源化し、「かいろうファーム」という農園で使用しているんだそう。近年では有機JAS規格を取得したんだとか!

JAS規格には、品位、成分、性質その他品質に関する規格及び生産の方法に関する規格があり、品質に関する規格は51品目、197規格、生産方法に関する規格は15品目17規格が定められています。そのうち、有機JAS規格は、生産方法に関する規格に該当し、有機農産物、有機加工食品、有機飼料及び有機畜産物の4品目4規格が定められています。(品目数及び規格数は平成25年3月末現在の数)

はじめての人のための有機 JAS 規格-農林水産省より

基山町で毎日、山の保全のために活動しているかいろう基山。

ありっ竹祭では、プロフェッショナルたちがタケノコ狩りをサポートしてくれるので、安心してイベントに参加できそうですね。

「基山町民にたくさん来てもらい、私たちの活動を見て頂きたくて始めました。里山の現状を“来て、見て、触って”そして、活動に参加、へと繋がっていくことを描いています」

かいろう基山さんが大字基山に寄せてくださったコメントです。基山町の森林保全の現場を楽しみながら見聞きして、お祭りに参加してみましょう!

「ありっ竹祭」イベント概要

ありっ竹祭は、体験型のイベントとしては異例の、なんと参加無料!!昼食準備のため、事前に参加の申し込みが必要です。

活動支援の募金箱も設置してあるそうなので、お気持ちとしてお支払いすることはできそうです。

当日の日程

  • 8:30 受付
  • 9:00 開会式、移動
  • 9:30~10:30 タケノコ掘り
  • 10:30~12:00 竹細工作り(昼食で使う箸を、自分の分だけ作ります!)
  • 12:00~13:00 昼食
  • 13:00~14:30 ミニコンサート
  • コンサート出演:うたうたいやさん/吉野ケ里バンブーオーケストラ/子どものバンドグループ/鳥栖太鼓浮立「夢一期」

問い合わせ先・申込方法(※必須)

メールか、ショートメール、お電話にてお申し込み下さい。

「大字基山を読んだ」と最初に伝えていただけると、話がスムーズに進みます。

場所ごあんない

NPO法人かいろう基山

駐車場はありません。林道の広いところに、毎年停めるようになっているそうです。

当日の誘導員はいないため、譲り合いの精神で、ご停車ください。駐車台数に限りがありますので、できるだけ乗り合わせてお越しください。

アクセス

車あるいは徒歩

by
大字基山編集部メンバー / さが地域ッズサポーター、イラストレーター
鹿児島県徳之島出身。
基山町で子育て世代と地域をつなぐため、町内のまちづくり団体などと連携して活動を行なっている。
SNSでフォローする

メニューは表示されません