佐賀県基山町発ローカルメディア〜おおあざきやま〜

風疹の予防接種・抗体検査が全額助成!お腹の赤ちゃんを守るために

風疹の恐ろしさ、ご存知ですか?

妊娠初期の女性が風疹に感染すると、お腹の中の赤ちゃんにも感染、その後の発達に影響を及ぼし、避けようのない合併症を持って誕生してしまう可能性がある…最悪は死産してしまう、そんな病気です。

先天性風疹症候群

主に妊娠3ヶ月頃までの妊娠初期の女性の罹患が多い。症状は心疾患、難聴、白内障、血小板の減少などがあり、中でも心疾患、難聴および白内障の3つが三大症状と見なされている。

Wikipediaより

インフルエンザなどと同じく飛沫感染するこの風疹、妊娠・出産を経験された方ならば、最も警戒すべき病気の一つだということはご存知だと思います。ですが、ご主人や他のご家族はどうでしょう?同じくらい、危機感を感じてくれているでしょうか。

平成30年11月、佐賀県では4年ぶりに風疹患者が確認されました。そして現在に到るまで、患者数の報告が続いています。決して、都会や遠いところだけの出来事ではありません!妊娠を考えている方はもちろん、同居家族や職場や友人などなど…みんなで予防しておきたいですね。

2019年1月から、佐賀県は風疹の予防接種や抗体検査などの費用全額助成をおこなっています。助成期間は2019年3月まで。ただし、すでに妊娠中の方は予防接種は受けられませんので、周囲の家族やこれから妊娠を考えている方が対象です。

もしも、あなたが風疹にかかってしまったら、家族に移してしまったら、そして気づかぬうちにご近所の妊娠初期の人に移してしまったら…。

将来にわたって自分自身や家族、周辺の方の誰もが安心して妊娠・出産できるよう、今この時に、風疹の抗体についてまずは調べてみてはいかがでしょう?

風疹の抗体検査・予防接種の費用全額助成

対象者

  • 将来的に妊娠を希望する方
  • 風疹抗体価が低い妊婦の同居家族 ※未就学児は含みません

助成内容

  • 風しんの抗体検査にかかる費用の全額 ※1人1回のみ
  • 風しんワクチンまたは麻しん風しん混合ワクチン予防接種にかかる費用の全部 ※1人1回のみ

助成方法

  • 償還払い ※一旦、医療機関の窓口で費用を支払った後に保健福祉事務所に還付請求してください。医療機関によっては診察代が必要となる場合がありますが、診察代は助成の対象外です

事前受付に必要なもの

  • 事前に、県内の保健福祉事務所の窓口での受付が必要です!(基山町の場合は保健センター)
  • 佐賀県内に在住ということが証明できるもの(免許証や健康保険証など)
  • 風疹抗体価が低いと証明できるもの(抗体検査の結果など)
  • 母子手帳(過去に風疹の予防接種を受けたことがある方は対象外)

助成期間

  • 平成31年3月末まで

事前受付・お問い合わせ

鳥栖保健福祉事務所 健康推進担当 

  • TEL:0942-83-3579 (8:30~17:15 土日を除く)

関連リンク

詳細は佐賀県ホームページよりご確認ください。

by
大字基山編集部メンバー
長野県出身。2児の母。
オタクな人と湿原を愛する。"子育てコンシェルジュ"現役です。
SNSでフォローする

メニューは表示されません