佐賀県基山町発ローカルメディア〜おおあざきやま〜

基山にこだわりの気まぐれパン屋が誕生!毎週水曜に開店する…かも?

基山町に、超気まぐれ、しかしこだわりの手作りパン屋がオープンした…と思われます。

場所は、レトロなたぬきの置物が目印です

先週レポートした、9月3日に基山町内で開かれた発酵文化に関する書籍出版記念イベント。

そこで基山の自然から採取し培養された天然酵母を使ったパンが、参加者に振舞われたとレポートしましたが、さっそく新たな動きが出てまいりました!

イベントで提供されたパンのレシピ開発とパン作りを担当していたのは、基山フューチャーセンターラボの代表を務める鷲尾依子さん。

普段からパンを焼いているらしい一部参加者からは、天然酵母を使ってここまでフワフワのパンを焼けちゃうのはすごい!と絶賛の嵐で、レシピを惜しみなく共有する姿も。

そんな鷲尾さんが材料にこだわり、その技術を思う存分発揮して焼き上げたパンたちが、9月6日に基山フューチャーセンターラボ内の一角で発売されると聞きつけたので、直撃してきました。

基山フューチャーセンターラボのパン

この日は正午過ぎからお店の準備が整ったようです。12時ごろほぼ一番乗りで到着できたので、当日販売されたパンの全容を撮影することができました。

開店から2時間で売り切れたというパンたち、それではご覧ください。

ところで今回販売されたパン、イベントで提供された天然酵母パンではありません。材料表記にもあるように、ドライイーストを使っていますね。

天然酵母は培養に時間がかかるらしく、まだまだパンの量産体制には至らないとのこと。

しかし鷲尾さんこだわりの手作りパンを食べながら、いつか町民の口に入るだろう基山町オリジナルの天然酵母パンに思いを馳せる…なんだか夢があると思いませんか。

今後は、毎週水曜日のお昼からお店を開く予定とのことでしたが…直近の9月13日に販売することは決めているけど、その後の予定は未定なの〜っとのんびり笑う鷲尾さん。

そして販売するパンの種類はその日の材料と鷲尾さんの気分で、決まるって…。えーと、めちゃくちゃ、気まぐれです。

いずれパンを販売しているときは、ラボの外に旗かのぼりを立てるかもしれないそうですが、それもまだ、未定です。

ええーっ!?という声が私にまで聞こえてきそう…。しかし今後の予定は基山フューチャーセンターラボのFacebookで事前告知されるはずですし、運よく買えたら・買えなかったら、それも一興。

毎週水曜日の正午すぎ、駅前通りの基山フューチャーセンターラボ前を通りかかることがあれば、ラボ内をちょっとだけ、のぞいてみましょう!

ドアを開けて足を踏み入れた瞬間、焼きたてパンの香りに迎えられれば、アタリ、です。

場所ごあんない

基山フューチャーセンターラボ

アクセス

基山駅から徒歩3分

営業時間・定休日

  • 営業時間:お昼ごろから
  • 定休日:水曜日のみ不定期に開店

関連リンク

by
大字基山編集長 / フリーライター
福岡市出身の基山町在住、2児の母。
佐賀新聞で、鳥栖・基山地区の地域リポーターとして取材・執筆もしています。
SNSでフォローする

メニューは表示されません