おおあざきやま〜佐賀県基山町発ローカルメディア〜

いきなり!ステーキ佐賀基山店とおすすめリブロースステーキのすべて

基山町の3号線沿いに2017年11月、オープンした「いきなり!ステーキ佐賀基山店」。

大字基山でも速報として取り上げてから今まで毎月、記事が多くの方に読まれているという、大注目のステーキチェーン店です。

オープン予告時にはまだ店舗そのものが完成していなかったため…このたび、満を持して、実店舗取材を敢行してきました!

お店の様子

いきなりステーキ佐賀基山店の外観

お店正面

以前はローソンだった面影を残しつつ、佐賀基山店は、いきなり!ステーキの路面店となっています。

いきなり!ステーキはファンなら当たり前、300g以上のステーキを基本とした量り売りで、腹ペコの状態でがっつり分厚いお肉を食べるお店。とにかく肉好きにはたまらない、ステーキの本場アメリカのボリューム感を味わうことができます。

いきなりステーキの説明

300g以上の分厚いステーキが基本!

いきなりステーキ入り口

お店正面に貼ってあった正社員募集ポスターによると、2018年は日本全国各地に200店、いきなり!ステーキが展開することになるよう…2017年オープンの佐賀基山店は、その先駆けと言えるでしょう。怒涛の200店出店に向けて、積極的な社員募集を全国的に行なっているようです。

店内の様子

店内正面

正面入ってすぐ目の前に、いきなり!ステーキならではの、お肉の”カット場”が。平日のランチ時はテーブルにてランチメニューをオーダーする形式になりますが、平日夜と土日はこの場所で自分が食べたいステーキの種類と量を選び、オーダーカットしてもらうことになります。

客席の様子

店内入って主に左手に、客席があります。少し高めのカウンタータイプの席と、奥には通常のソファ&テーブル席が用意されています。席数は全部で45席。子連れだと、奥のソファ席に案内されることが多いようです。

別角度からの客席の様子

いきなりステーキのランチメニュー

テーブルについてオーダーする、ランチメニュー。ディナーメニューは別です

いきなり!ステーキを注文してみよう

いきなりステーキの肉の塊

巨大なリブロースの塊肉!たぶん7kgくらい、とのこと

それではいよいよ、実食に向けて、ステーキをオーダーしてみましょう!今回注文したのは、お店オススメというリブロースステーキ(350g)。脂身と赤身のバランスがほどよく、きめ細やかで柔らかな肉質です。

ちなみにお店では、男性だと300g〜400g、女性だと200g〜300gのステーキを注文される方が多いそう。リブロースステーキは300gからの注文になります。

さっそく、リブロースの塊肉(およそ7kg)から、350gを切り出していただきます。

肉の断面

迫力ある赤身肉!

肉の重さを測る様子

お肉のカットをしてくださったのは、佐賀基山店の店長、音多野さん。いきなり!ステーキを経営する株式会社ペッパーフードサービスの正社員で、今までオープンしてきた系列店の店長を全国津々浦々、務めてきたんだとか。基山町には初めて、このお店のオープンのために転勤して来られたそうです。

飲食店業界勤務が長いから…と謙遜されていましたが、取材時に披露してくださったお肉の知識の豊富なこと!社内独自の制度「カットマイスター」でもあり、お肉の厚さと重量を見極めて塊肉から究極の一切れを提供する…間違いなく「ステーキのプロ」です。

脂身の部分を切って重さ調整

脂身部分をカットしながら、ステーキ肉へと整えていきます

ステーキ肉の完成

これが350gのリブロースステーキ肉!いざ、焼いていただきましょう!

いきなりステーキ基山佐賀店の店長

胡椒をふりかける眼差しも真剣そのもの

ステーキを焼きながら炎

お肉は炭火で焼かれています。鉄板上では幾度となく炎と煙が!

存在感あるリブロースステーキ350g、焼き加減は、編集部の好みでミディアムでいただくことに。

そしてさすがステーキ専門店、焼き場にもこだわりが…!

鉄板の下には溶岩石と炭が敷き詰められ、その配合と配置によって、鉄板上の温度帯が異なるそう。ステーキの焼き加減を見極めながら、料理人が鉄板上で肉を動かしながら、その時々の最適な温度帯で、肉に火を入れていくわけです。

これがリブロースステーキ350gだ!

リブロースステーキ350g

そして完成形がこちら!リブロースステーキ350g、2415円(税抜き)です。熱々の鉄板の上に、玉ねぎとコーン、そしてその上にどっかりとステーキが鎮座しております。

ガーリックペーストとフライドガーリックを、その頂きに載せて…!

ホットステーキソースをステーキに掛ける

ステーキソースをかけると、ジャワワワワー!

各テーブルに置いてある、お店特製のホットステーキソースをよく振って、そっとステーキに注ぎますと、そこでまた食欲を刺激する音と見た目と湯気が…香りが…。たまりません。

いざ!いただきましょう!!!

レアの様子

これが350gの厚み!断面は肉汁をたっぷり含んでふんわり、ツヤツヤ

そして一口噛みしめると、お肉そのものの柔らかさが、焼き固められた見た目に反して、とっても優しい!そして肉汁が噛んだそばから口の中に広がり…甘いです。うまいです。

ちなみに、お店のオススメの焼き加減はレア!公式ホームページによると、「厚くカットした厚切り肉を、炭焼で香りを乗せながらレアで食べるのが一番!」だそう。

いきなり!ステーキおすすめのレアステーキ

これが公式おすすめの焼き加減、レア!赤身肉をシンプルに味わおう!(お店より写真提供)

ここまで読んでいただければお分かりかと思いますが、ステーキはステーキでも、食卓にのぼるステーキとは間違いなく、一線を画しています。ステーキ専門店ならではの、ありがたい味わいをお腹いっぱい、堪能させていただきました。

いきなりステーキの調味料

ボリューム満点のお肉を最後まで食べ尽くすに一役買うのが、テーブルのカウンター部分の調味料たち。塩胡椒はもちろん、にんにくペースト、マスタード、わさび、甘みの強いオリジナルソースなど各種用意されているので、お好みで味を整えながら食べることも。

もちろん、単品でライス、サラダを注文することもできますよ!ランチタイムには、お得なランチセットの用意もありました。

ごちそうさまでした!の後に…

最後に大字基山ならでは(?)の、お店トイレをご紹介。

いきなりステーキのトイレ

トイレは男女共用の一室が用意されています。いたって普通の水洗トイレ…ですが、手洗いそばにマウスウォッシュ!

これなら人と会う前、お仕事の隙間時間を利用した昼食での利用も安心。女性にも嬉しい心遣いですね。

場所ごあんない

3号線沿いのお店ということもあって、家族づれで見えるお客様も多いといういきなり!ステーキ佐賀基山店。基山町内からは、裏道を利用して駐車場に行くこともできます。

玉虫交差点をけやき台方面に向かい、基山タクシーに至る四つ角を曲がって踏切を越えると、お店駐車場の裏手に出ます。住宅街の角を曲がるので、ちょっと分かりにくいかもしれませんが、地元民は便利に利用しています!

佐賀基山店に至る裏道

いきなり!ステーキ佐賀基山店の裏手

佐賀県三養基郡基山町小倉974-2

アクセス

JRけやき台駅より徒歩約10分

営業時間・定休日

  • 営業時間:11:00~23:00(ラストオーダー22:45)、平日のみ15時までランチあり
  • 定休日:無休

お問い合わせ

TEL: 0942-50-6929

関連リンク

撮影協力:LINUS 宮本薫

by
大字基山編集長 / フリーライター
福岡市出身の基山町在住、2児の母。
佐賀新聞で、鳥栖・基山地区の地域リポーターとして取材・執筆もしています。
SNSでフォローする

メニューは表示されません