佐賀県基山町発ローカルメディア〜おおあざきやま〜

みつせ鶏や鳥栖市民お馴染みのアレが買えちゃう穴場ショップ&カフェ

編集部・國松が「気になったので行ってみた」シリーズ2018年1発目、第4弾!今年も、ご覧いただきありがとうございます。

前を通るたびに、「みつせ鶏」「営業中」と書かれた旗が立てられていて、一体何のお店なのか、ずっと気になっておりました。今回訪れた気になるお店は、鳥栖市弥生が丘にある社会福祉法人若楠敷地内にあるショップ&カフェ「くすの樹」 です。

弥生が丘駅近く、あんくる夢市場から鹿毛病院に向かう道中にあり、ゆる~いカーブを曲がったすぐ先にあるため、目に止まりにくいかもしれません。若楠の看板後方にある茶色い屋根でお家のように見えているのが、目的のお店です。

社会福祉法人若楠の敷地内にあるショップ&カフェなのです

こちらが外観。玄関手前に駐車場があります。

 

店内は外の光が差し込んで明るく、なんとも可愛らしい雰囲気。

クッキー、ラスクなどの焼き菓子やアイスクリーム、ほかにもハンドメイドのマスクや移動ポケットといった可愛い雑貨が多数並んでいます♪子どもたちの入園入学が近づく今からの時期、重宝するグッズですよね!

佐賀市三瀬にあるどんぐり村のアイスが購入できます!

子ども向け手作りマスクや移動ポケット

あたたかさを感じる手作り品ばかり

そして、売り場後方には大きな冷凍庫…見ると、みつせ鶏の商品がめちゃくちゃたくさんある!

みつせ鶏といえば、佐賀県を中心に北部九州で飼育されている、人気のブランド鶏。基山町からほど近い鳥栖プレミアム・アウトレットのフードコートや佐賀県吉野ヶ里町にあるみつせ鶏本舗に行けば、調理済のみつせ鶏を味わうことができます。

…できますが!

ここへ来ればアウトレットや吉野ヶ里まで行かずとも、気軽にみつせ鶏を買えて、しかも自宅で味わうことができちゃうんですね~。

そう、ショップ&カフェ「くすの樹」は近郊でも知る人ぞ知る、みつせ鶏スポットなのですぅ。

みつせ鶏は地元スーパーにほとんど出回っていないため、こちらで購入し、その後もリピート買いする方が多いそう。

そして具体的にどういった、みつせ鶏の商品が買えるのかと言いますと!

ご家庭でよく使うであろう、みんな大好きもも肉、ソーセージ、唐揚げ。そして簡単揚げるだけのチキンカツ!子ども喜ぶチキンナゲット!お手軽親子丼セットなどなど!

こちらで紹介しきれないほどのラインナップで、バラエティ豊かに揃っています!

どれにしようかなぁ~なんて、これだけの種類があると見て選ぶのも楽しいのではないでしょうか。また、全国クール便の配送も行っているとのことで、遠方の方への贈り物にも喜ばれそうですね♪

そして、まだまだ注目の逸品があります!

みつせ鶏についでお店で人気なのがこちら、グリーンファーム山浦の手作り合わせ味噌!

グリーンファーム山浦は若楠と同じ系列の、就労移行支援事業・就労継続支援B型事業を行う事業所。味噌の他にも卵、しいたけ、こんにゃくといったこだわりの商品がたくさん並んでいました。

人気の手作り味噌。この日は卵、しいたけがすでに完売で撮影できず…!

こんにゃくの種類も豊富

たまたま撮影日に居合わせた、グリーンファーム山浦の園長、高崎さんにもお話を聞くことができました。オススメのお味噌を両手に、パシャリ♪

グリーンファーム山浦の園長さんと自慢のお味噌

そして分かった、基山町民、いや鳥栖市民でさえ知っているかどうかあやしい驚きの事実…こちらのお味噌はなんと、鳥栖市内全ての小中学校の給食で使用されているお味噌なんだとか!

鳥栖市の小中学生全員が食べてる、味噌汁の味。

…めっちゃ気になる。

また店内はカウンターのみですが、イートインスペースもあり、ピラフやスパゲティといった軽食やコーヒー・ジュースなどが注文できます。暖かい時期になるとテラス席もおすすめとのこと♪

施設の敷地内にお店があるため、入って良いのか迷われる方が結構いらっしゃるようですが、どなたでもご来店可能!もちろんお子様連れも、大歓迎とのことです。

取材中にも何組か、お子様連れがお買い物して行かれてましたよ♪

なお、ショップ&カフェくすの樹では月に1回、イベントセールを行っています(不定期)。特にイベント当日のみ販売されるという数量限定のシュークリームが毎回大好評で、販売後すぐに売り切れてしまうんだとか。

でも大丈夫!電話予約が可能で、1個からでも取り置きできるとのことなので、気になる方はぜひ直接お店にお問い合わせください。

場所ごあんない

鳥栖市弥生が丘二丁目135番地2

営業時間・定休日

  • 営業時間: 10:00~18:00
  • 定休日:日曜日

お問い合わせ先

TEL: 0942-83-1151

関連リンク

by
大字基山編集部メンバー
大阪府出身。2児の母。
SNSでフォローする

メニューは表示されません