佐賀県基山町発ローカルメディア〜おおあざきやま〜

2018年5月の「みどりの丘」キヤマルシェの様子

2018年は例年より1週間ほど早い、九州北部の梅雨入り宣言。

レポートが少しばかり遅くなりましたが、5月のキヤマルシェの様子を写真でお届けします!

曇り空だった、みどりの丘キヤマルシェ

通算8回目となるキヤマルシェ当日、2018年5月19日のお天気は曇りで肌寒く、風が強い1日。

「雨だけは降らないで〜!」と皆が願っていた、基山町総合運動公園「水辺の広場」でのキヤマルシェは無事に開幕・閉幕しています。

近郊でイベントが重なっていたそうですが、なかなかの人出!

風車が時にはうなるほど、風が強い1日でした

当日は飲食店含めておよそ40店舗が出店

丁寧な手仕事たち

HAPPY!SMILE☆

お店のすみずみまで目が離せません!

個性的で可愛らしいものたち

○○マン!

シックな装いと彩り

大人も子どもも「可愛い」が好き

会場内、一際目立つアーティストも!

もちろん、「かっこいい」も大好き

作家さん本人との交流も楽しい

季節を感じるグッズたち

トレンドもしっかり押さえてます

毎回好評の綿菓子アートはワンコイン!

駐車場側に飲食のお店がずらり

乙女心をくすぐる、ワークショップ体験も

出来立てホヤホヤのアクセサリー

目を疑う再現度

手作りアイデア商品も発見

子どもは風の子

曇り空でも、風が強くても、ちょっとくらい寒くても…。来場者も出展者も自然と笑顔がこぼれる、キヤマルシェ。着実に、そのファンを増やしつつあります。

今回のレポートですべてのお店の様子をご紹介できていないのが残念ですが、きっとまた再会できるお店もたくさんあることでしょう。

次回の開催は、基山モール商店街に場所を変え、2018年秋を予定しているそう。

今から詳細の告知をどうぞ、お楽しみに〜!

by
大字基山編集長 / フリーライター
福岡市出身の基山町在住、2児の母。
佐賀新聞で、鳥栖・基山地区の地域リポーターとして取材・執筆もしています。
SNSでフォローする

メニューは表示されません