おおあざきやま〜佐賀県基山町発ローカルメディア〜

【オオアザメシ】VOL.6 基山の治安を守るメシ〜イクメンデカ編〜

町民の数だけメシがある。
人生の数だけメシがある。
今日、だれと、なにを食べますか?

 

こんにちは。いやー、寒い寒い…。

大字基山編集部、大山です。子どもを湯たんぽ代わりにしています。脇腹に容赦ない蹴りが入りますが。

基山町民のお昼ご飯・夕ご飯にフォーカスする企画、「オオアザメシ」。

町民の気取らない、ありのままのご飯、「メシ」を紹介していきたいと思います。

のんびり、のんびりお付き合いください。

 

今回のメシはこちら

あれ、前回と同じ?

今回のオオアザメシは前編後編のシリーズもの!前回のメシはこちら。

さて、今回は後編として、向かって左側の大きな包みのお弁当をご紹介!

包みを開けると……じゃん!

がっつり系ですね!

  • とんかつ
  • 豆苗と卵の野菜炒め
  • ひじき
  • ハム
  • ゆかりごはん

ボリュームのあるとんかつが3切れも!

こちら、奥様が作ったというお弁当。「午後からも頑張って!」というエールが聞こえてきそうですね。

 

食べる人

あ、もう食べ始めちゃってますね…

今回の食べる人は前回ご紹介した松尾巡査と同じく、基山交番に勤務されている警察官、石橋幹雄巡査長。

石橋さんは福岡県出身。佐賀警察署交通課を経て、平成28年から基山交番で勤務しています。

 

きりっとした制服姿が素敵な石橋さん。普段は「交通事故をなくしたい!」という強い想いをもって、勤務にあたっているそう。それには、交通部出身という経歴とは別の、深いわけが…。

石橋さんが、将来の道を警察官に決めたのは、高校2年生の時。当時、仲のよかった友人が交通事故で亡くなるという痛ましい事件がきっかけでした。悲しみの中で沸き起こった「事故をなくしたい」という強い気持ちが、今の石橋さんの原動力なんですね。

普段は、町内のあちこちをパトロール。「自分の姿を見ることによって、ルールを守って運転しよう、と思ってくれれば」と事故抑止に力を入れているそうです。

さらに、変わりゆく法律に対応できるように、そして地域の方の疑問点や不安を解消できるように、常に勉強の日々とのこと。

基山町の日々の安全は、こうやって守られているんですね。

常に交通違反切符を携帯。「自分を見て、気をつけようと思ってくれれば」

ちなみに、基山の交通事故状況についてもしっかり取材してきていますので、後日、記事をアップしますね。気長に、とても気長に待っててください…。

 

ところで石橋さん、プライベートはイクメン、カジメンパパ!

お休みの日は、皿洗い、掃除、買い物と家事にいそしんでいらっしゃいます。さらに愛妻家でもいらっしゃって、出勤時に奥様に送り出してもらえると「今日もがんばろう」と思えるそうですよ。キャッ♡

 

ごちそうさまでした

基山の安全と安心、そして家族のために日々頑張っていらっしゃる石橋さん。目指すは、基山町の交通事故ゼロ!!のオオアザメシでした。

松尾巡査と同じく、普段は基山交番にいらっしゃいますが、基山町内をパトロールしていることも多いとのこと。

これからも基山町をよろしくお願いします!

 

オオアザメシでは、掲載する「メシ」を募集しています。自薦他薦は問いません。

個人情報には触れず、「メシ」だけの出演も可能ですので、性別、年代問わず、気になる「メシ」があった際にはご一報ください。

 

後日談

基山交番の取材の様子が、佐賀県警鳥栖警察署のホームページで紹介されました!

10月26日のトピックスです。合わせてこちらもどうぞ。

by
大字基山編集部メンバー
佐賀市出身、2児の母。
SNSでフォローする

メニューは表示されません