佐賀県基山町発ローカルメディア〜おおあざきやま〜

東京五輪メダルをみんなで作る!使用済み小型家電の回収は3/29(金)まで

2020年7月の東京オリンピック開催まで、500日を切りました!

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、使用済み携帯電話等の小型家電から2020年東京五輪で使用するメダルを製作する「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」を実施中。

その締め切りが、2019年3月31日と間近に迫っています。2017年4月から始まったプロジェクトですが、メダル製作に必要な金属量を確保できる見通しがたったそう。

全国各地の国民が参加する形で小型家電の回収を行い、集まったものから抽出された金属でメダルの製作を行うプロジェクトは、オリンピック・パラリンピック史上、今回が初めて!

九州からも東京五輪の準備に参加できる、貴重な機会。基山町では、使用済みスマートフォンと携帯電話を回収しており、3月29日金曜日が受付最終日です。「協力したい!」という方は、庁舎正面玄関の傘立て横に設置されている専用回収ボックスに、期日までに投入しておきましょう。

基山町による回収について、問い合わせは基山町まちづくり課生活環境係まで。

  • TEL:0942-92-7941

自治体以外の回収方法

全国のドコモショップでも、スマートフォンと携帯電話に加えてタブレット端末の回収を行なっています。

また、使用済み携帯電話、パソコン、デジタルカメラ等(主に小型家電リサイクル法に基づく28品目)について宅配便による回収も実施中。自宅・職場等の指定場所から、希望日時(最短翌日・年中無休)に宅配業者が回収してくれるこのサービス、送付伝票等の記入は不用、送料も無料です!個人向け宅配回収お申し込みフォームから、申し込むことができます。法人向け宅配回収サービスも、あります。

いずれも、受付は3月31日まで。オリンピックに向けた準備もいよいよ、佳境ですね!

by
大字基山編集部の中の人たち
主にイベント情報収集・発信を匿名で、全員が、いつも頑張っています。
SNSでフォローする

メニューは表示されません