おおあざきやま〜佐賀県基山町発ローカルメディア〜

ランチ限定の食堂「ホットステーション」、合宿所隣にオープン!

2018年5月、町に初めてオープンした宿泊施設、基山町合宿所。

その敷地内に同時オープンしたのが、食堂「ホットステーション」です。合宿所利用者に食事を提供する場所ですが、ランチの時間は一般の利用も可能となっているため、その様子を取材してきました!

基山町の食堂「ホットステーション」

合宿所のすぐ隣のログハウスが食堂です

そもそも、このログハウス調の建物。黄色の丸い看板。

既視感ある読者も、多いことでしょう。

ホットステーション基山の看板

見たことある。しかし、どこかが変わっているような…

何を隠そう、「ホットステーション」は2017年に惜しまれつつ閉店したラーメン店「ほっとステーション基山」の店舗をクリーニング、一部リフォームして、そのまま活用しています。

店舗どころか食堂名にもその一部を残すなど、あり余ってあふれるほどのオマージュ感。基山町役場からもほど近い場所、関係者にラーメン店のファンが多かったに違いありません…。

バリアフリーの食堂

緑ゆたかなアプローチもそのまま

ラーメン店が食堂に生まれ変わりました

入り口手前の階段を通り過ぎて裏手に進むと、車椅子の方でも食堂を利用できるように、スロープが新しく完成しています。

合宿所からは雨に濡れず移動することも可能

合宿所1階と同様、バリアフリーにこだわったそう

テラス席の利用もできます

テラス側からお店の中に入ることもでき、車椅子の方でも利用しやすい、バリアフリーの食堂となっています。小さなお子さん連れはベビーカーを使って、テラスでお食事ができるかもしれません!

店内の様子

高い天井。明るく感じます!

お店に入ってすぐに、食券販売機がお目見え。内装も以前とまったく変わっていませんが、なんだか明るく感じるのは、「クリーニングして、床を塗り直したから」とのこと。

ランチメニューは2018年5月中のみ、日替わりの「基山ランチ」と「基山精進定食」、そして「エミューカレー」の3品。ドリンク・酒類は通常通り、提供されています。6月からは、うどんやそば、丼モノといった、より食堂らしいメニューが追加されるそう。

定食用のドリンクは、+50円と嬉しいお値段設定になっていました!

テーブルに椅子、木目調のほっとできる空間も健在

なんだか「合宿」より「旅」な雰囲気!?

2018年5月時点で、子ども椅子やカトラリーの準備はありませんでしたが、これから対応する可能性も。情報が入り次第、本記事に追記します。

いざ注文!実食!

それではさっそく、食堂の看板メニューになるであろう3品を注文して、いただいてみましょう!

購入した食券は、お店に入って右手にあるキッチンのカウンターに提出、代わりに番号札をもらって料理が出来上がるのを待ちます。

お水はセルフサービス。別注文のドリンク・酒類は席まで運んでもらえるようです。

基山定食

ホットステーションの基山定食

1品目、日替わりの「基山定食」600円です。

基山定食はその名の通り、町の食材を使った定食メニュー。この日のメインは鶏唐揚げのおろしソース。塩ベースの唐揚げをさっぱりと、いただけました。小鉢はおから。食堂らしい、間違いのない安心感のある味付けです。

基山精進定食

ホットステーションの基山精進定食

2品目は、「基山精進定食」700円。

精進定食というだけあって、ヘルシーな小鉢がずらりとトレーに並んでの登場!

メニューは写真左上から時計回りに、おから、たけのこの煮物、ひじきの煮物、きんぴらごぼう、味噌汁、ごはん、サラダ、揚げ出し豆腐。

どれも九州の味らしく、「おばあちゃんちみたいな」甘めの味付け。遠方から来て合宿所を利用する方にも、「基山町の味ってこんな感じなんだ!」と思っていただいて結構な、そんな良いお味です。

エミューカレー

ホットステーションのエミューカレー

そして、みんなが気になる「エミューカレー」700円!

カレーの横にサラダが見えますが、ここはやっぱり本命の!エミューの、カレーをいただきます。

エミュー肉と野菜がゴロゴロと入っている、ルーのボリューム感が嬉しいですね。

さっそくお肉をご飯と一緒に噛み締めますと…「鶏肉ではない」「豚肉でもない」「牛肉に近い、噛みごたえのある、肉」の味わい。エミュー肉は、栄養素とタンパク源が豊富な赤身肉。見た目は大きな鳥ですが、その味は、赤身の牛肉に近い、この上なく肉らしい肉!の味です。

スパイスに消されすぎない、しっかりとしたお肉の味を感じることができるカレーでした。基山町グルメにまた1つ、名物が誕生した予感!

ごちそうさまでした!のその後に…

食後は、お店のトイレをご紹介。

トイレ・手洗いともに、男女別に分かれています。天井も高く、外の光がよく入ってくる明るい空間です。

レトロ!

ちなみに赤ちゃんのおむつ交換台は、合宿所1階の多目的トイレにあります。必要となった場合は、定員さんに声をかけてみましょう!

ところで、ラーメンは?

最後に、気になる「ラーメン」情報。

もともとラーメン店だった場所がリニューアルオープンしたような、そんな感覚に陥る今回の食堂オープン。食堂なら「ラーメン」がメニューにあってもいいじゃない…と思う皆さんへ。

入り口横にあった食堂の説明文に注目

★目玉商品開発中!

ホットステーションの代名詞「ラーメン」の開発を進めております。

皆様に愛される「ラーメン」の登場にご期待ください!

役場担当者によると、「ラーメン」だからこそメニュー開発に手抜きはできない!以前のラーメンと同じものを目指すのではなく、新しい基山町のラーメンの完成を目指したい!!と、その意気込みは十分。

お披露目時期はまだ未定ですが…おそらく夏以降、数量限定で新・ラーメンが食堂メニューに登場することになりそうです。

どうぞお楽しみに!!

場所ごあんない

基山町大字宮浦702-3

アクセス

  • 九州自動車道 筑紫野ICより車で10分
  • 九州自動車道 鳥栖ICより車で10分
  • JR鹿児島本線 基山駅から徒歩10分

営業時間・定休日

  • 営業時間:11:00〜14:30、合宿所使用者以外も利用可能
  • 定休日:月曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始

お問い合わせ

 

by
大字基山編集長 / フリーライター
福岡市出身の基山町在住、2児の母。
佐賀新聞で、鳥栖・基山地区の地域リポーターとして取材・執筆もしています。
SNSでフォローする

メニューは表示されません