佐賀県基山町発ローカルメディア〜おおあざきやま〜

2017草守基肄(草スキー)世界大会、当日の様子

10/21(土)に基山町の基山山頂で行われた「2017草守基肄(草スキー)世界大会」。

大型台風の接近でコンディションが心配される中、当日は少し肌寒く小雨が降ったりやんだりしつつも、無事に開催されました!その様子を写真を中心にレポートしたいと思います。

なお今回の台風、基山町は免れたものの、日本各地に甚大な被害をもたらしています。台風21号により被災された地域の皆さまならびに関係者の方々に、心よりお見舞い申し上げます。

当日の様子

山頂にある基山草スキー場までは細い山道を登る必要がありますが、今回はその手前、瀧光徳寺の大駐車場が大会駐車場となっていて、そこからシャトルバスに乗って会場まで行くことができました。

台風接近中の不穏な空

草スキーのクラス分けは、全部で5クラス。年齢別にエントリーするクラスが設けられていたようです。

  1. 小さきもりクラス(小学生未満対象の個人戦)
  2. 中さきもりクラス(小学生対象の個人戦)
  3. 大さきもりクラス(中学生以上~大人対象の個人戦)
  4. チームさきもりクラス(小学生以下2名以上・中学生以上2名以内の合計4名による団体戦リレー)
  5. エキスパートさきもりクラス(中学生以上6名による団体戦リレー)

団体戦リレーは、1人目が滑ってゴールにある旗を振ってから2人目が滑る、というルールでした。

草スキー大会オリジナル、ハズレなしのガチャガチャにも挑戦できました

基山草スキー場のスキー板

基山では芝を傷めないために、指定の木製スキー板のみ使用可能。1台2万円のお品という噂も…

きやまん、きやまると大野ジョーも会場を盛り上げます!

なぜ、福岡県大野城市のゆるキャラが基山で草スキー?と思われるかもしれませんが、大野城と基山の共通点、それは古代山城跡があるということ!どうやら、ゆるキャラ古代山城系グループ(?)の仲間として、昨年に引き続き参戦してくれたようです。

 

始走式!順調な滑りの大野ジョー!

一方のきやまるは、ゴール手前で力尽きました。

ゴール付近の様子。係の方がタイムを計ります。

スタート地点から見た景色。実は結構傾斜があります!

今回も海外出身の方が多数参加されていました。

主催の基山町観光協会によると今回の世界大会、参加者はのべ217人だったとのこと。当日の飛び入り参加者も何名かいたようで、山頂は大いに盛り上がりました!

基山町長も滑る!さすが町長、速すぎて綺麗に写真が撮れませんでした。

中でも、エキスパートさきもりクラスは中学生以上の6名による団体戦…つまり大人も本気で参加できてしまう団体戦となります。役場関係者によるチーム「松田組」といった地元勢と海外勢が入り乱れて、栄冠を勝ち取るためにどのチームも仲間と笑い合いながら、その目は真剣…だったような?

きやまる1位だったっけ…?(代理での登壇だそうです)

上位の個人、団体には豪華景品が!

ワールドピース賞やPR賞といった特別賞も授与されていました。

ちなみに団体戦、今年のエキスパートさきもりクラスの表彰台は、1位「元村(仮)」2位「基肄城バッファローズ」、そして3位が海外勢の「チームエベレスト」という結果に!基山町の少年野球チーム「基肄城バッファローズ」は子どもだけの団体戦であるチームさきもりクラスでも絶好調、なんと上位3位を独占するという大活躍でした。なお、町長がアンカーをつとめた「松田組」は5位に入賞するなど、なかなかの健闘ぶりを見せたようです。

以上、子どもから大人まで、みんなが笑顔で草スキーを楽しんでいる様子が伝わりましたでしょうか!国境を超えて楽しめる草スキーって、すごいですよね。

大会を終え、すでに私の周囲の参加者たちは次回の大会に向けて練習しよう!と意気込みも十分。基山の秋の草スキーシーズンは、例年9月から11月までです。期間中の土日祝日は、現地でソリの貸し出し(1台300円、10時から16時まで)も行われていますよ。

草スキー世界大会、来年の開催も楽しみにしています!

場所ごあんない

基山草スキー場

アクセス

鳥栖筑紫野道路、宮浦インターチェンジから車で10分

営業時間・定休日

  • 営業時間:10時〜16時
  • 定休日:雨天時はありません。詳細は問い合わせ先にご確認ください。

お問い合わせ

基山町観光協会 TEL: 0942-92-2653 ※平日は17時まで(土日祝日休み)

平日のソリ貸し出しは基山町社会福祉協議会にて行われています。TEL: 0942-92-3311

by
大字基山編集部メンバー 基山町民歴が編集部内で1番長い。3児の母。
SNSでフォローする

メニューは表示されません