おおあざきやま〜佐賀県基山町発ローカルメディア〜

2017年11月もっとも読まれた記事TOP10&番外編

大字基山がスタートして3ヶ月!その11月、もっとも読まれた記事をランキング形式でご紹介!

ランキング外となった記事も、1本だけ番外編としてご紹介しちゃいます。今一度、読んでみると面白い…かもしれませんよ?

最も読まれた記事ランキング10位〜1位

10位

もしかして自然豊かな基山町の理想的ライフスタイル、丁寧な暮らし。多くの読者の共感・関心を得てランクインした町内イベント情報でした。

9位

基山町の秋の名所といえば、大興善寺!むしろ基山町といえば大興善寺…とまで言われる、町を代表する古刹。ご厚意で、今年の秋のライトアップを先行公開することができました。本番はもっと綺麗で、荘厳でしたよ!

8位

第4回目のオオアザメシ。覆面レスラーが買い物したり食べたりしているシュールなシチュエーション、しびれましたね!なのに読了後なんだか優しい気持ちになれるのが、大字クオリティなのであります。

7位

みんな大好きなんだなぁ、キヤマルシェ!11月終盤の記事公開にも関わらず、7位に登場。情報筋によると次回は春開催、だそうですよ。待ち遠しい〜!

6位

佐賀県と「ポケットモンスター」ロケット団のコラボ企画を紹介した記事。11月の佐賀の風物詩、バルーンフェスティバルと関連して、かなり注目を集めたイベントでした。残念ながらロケット団員1000万人を集めるという目標達成には至らなかったようですが、ポケモンファン大感激の大型企画でしたね!

ちなみに、サガ・ライトファンタジーのロケット団フォトスポットは来年1月8日(月・祝)まで設置されているそうです。

5位

往年のプロレスファン大注目の無料イベントでした!当日の会場は予想された通り熱気ムンムン、地元レスラーも奮起して、大いに盛り上がったようです。

4位

大変お待たせしました、認可保育園のたんぽぽ保育園を丸裸にする企画。園の雰囲気を楽しんでいただくだけでなく、モンテッソーリ教育について知らない方が興味を持つきっかけになると良いなぁと思っています。そして、まだまだお待たせしている残り2園…年をまたいでのご紹介になってしまうかもしれません。なるべく早めに、がんばります。

3位

インフルエンザ予防接種の季節、多くの方に参考にしていただける、シーズンならではのお役立ち記事となったよう。今年の11月は、一時的に全国的なワクチン不足という事態にもなってしまいましたね。そして12月…なんと例年より早めに、九州全域でインフルエンザ流行中とのこと!感染予防、今から心がけておきたいですね。

2位

町民、近郊住民の度肝を抜いた、「いきなりステーキ」基山町出店の大ニュース。

編集部メンバーの耳に情報が入り、調べてみたら公式ホームページですでに出店予定日が公開されていた…!と、速報でのお知らせとなりました。そして11/30 に予定通りオープン!さっそく、経営する(株)ペッパーフードサービスの広報ブログにも店内の様子など具体的な店舗情報が掲載されていますよ。

1位

そして今月の堂々1位…それは、今年の大興善寺の紅葉ライトアップをプロデュースした、照明デザイナーさんのインタビュー記事でした!

ご本人が子育て&妊娠中のお母さんという、大興善寺を知り尽くした町民にとっても嬉しい驚きのある、そして勇気づけられる話題になったのではないでしょうか。山寺でのお仕事、大変だったかと思いますが、充実した表情をされていたのが印象的でしたね!

番外編

11月は大字基山の介護強化月間として、普段、機会がなければなかなか考えないテーマ「介護」を全3回の特集企画としてお届けしました。

いつ、どんな時に始まるか分からない両親や祖父母の生活サポートや介護。基山町や町にゆかりのある方が困った時に、ネット検索したり大字基山を開いていただくことで、パニックから落ち着いて、最初の確実な一歩を踏み出していただけるようにと願っています。実は最近になって、「基山町、介護」でインターネット検索いただければ、結果のトップページに大字基山ホームページが出てくるようにもなりました。

これからも、基山町とその近郊の暮らしに寄り添うサイトを目指して…今年もあと残りわずか、どうぞよろしくお付き合いください!

by
大字基山編集長 / フリーライター
福岡市出身の基山町在住、2児の母。
佐賀新聞で、鳥栖・基山地区の地域リポーターとして取材・執筆もしています。
SNSでフォローする

メニューは表示されません