佐賀県基山町発ローカルメディア〜おおあざきやま〜

大字基山編集部は一緒に活動する制作メンバーを探しています

大字基山編集部は、ローカルウェブメディア「大字基山」のさらなる充実化に向けて、編集部活動に一緒に取り組んでもらえる有志、メンバーを探しています。

背景と目的

2020年11月現在、編集部は基山町を拠点に、任意団体として活動中です。町近郊に住む子育て世代の男女が集い、各自の無理のない範囲で運営や取材・執筆活動に関わっています。

2018年3月まで基山町まちづくり基金事業の助成を受けて活動していましたが、2019年から、主にスポンサー・独自の広告収入による活動継続を目指しています。

基山町という小さな町を拠点に、有志による協働プロジェクト「大字基山」として自立自走の編集部運営を目指す挑戦は、スタートしたばかり!

大字基山の編集部運営や、取材・記事執筆のお手伝いをシンプルに「面白そう」と思ってくださっている方。さらに、「自分のスキルを生かせそう」「副業として」「こんな企画がしてみたい!」「息抜きにやってみたい!」と、私たちと一緒に活動を楽しみ、一緒にワクワクできそうな方。

「興味はあるけど、何ができるか分からない…」という方でも、その好奇心と情熱があれば、大丈夫。

「町の知人・友人を増やしたい」。編集部の活動を通じて、地域で人脈ができるのは、間違いありません!

出会いたい人物像

性別不問

編集部の主要メンバーは女性ですが、活動をサポートしてくれている方の中には男性もいます。

年齢不問

編集部に何らかの形で関わっている人物は、30代〜40代の男女10名ほど。子育て中のメンバーばかりですが、一緒に楽しく活動できる方であれば…と、年齢制限は設けていません。

ただし、未成年は保護者による許可を必ず得ること。

居住地不問

基山町近郊で、平日でも気軽に打ち合わせができる方であれば、居住地は問いません。現関係者の中には、基山町外にお住まいがあるメンバーもいます。FacebookメッセンジャーやLINEでのやりとりが多いです。

鳥栖市、小郡市、筑紫野市、久留米市など近郊の暮らし情報も、読者の関心を集めています。

平日・日中の活動ができる方

編集部の打ち合わせは、基本的に平日・日中です。取材活動も同様です。

報酬(謝礼金)

協力報酬として、交通費など実費相当1000円〜をお支払いしています。

編集部はメンバー個人に経済的負担を求めず、個人の活動状況に応じた利益の還元を行える、そんな地域貢献活動を目指しています。

求めるスキル

一人でパソコンを使ったオンライン作業ができること。スマートフォンを普段から使っていること。

好奇心が旺盛な方。おしゃべりが好きな方。文章の読み書きが苦でない方。カメラが好きな方。

ローカルメディアである「大字基山」で地域のニュースを取材、伝える熱意あるアマチュア。そしてライターや編集、デザインの経験があるプロ・セミプロを探しています。ちなみに編集部メンバーの大多数は、アマチュアです。

また、大字基山の制作以外に、「お仕事」が発生する場合もあります。これまでに、基山町や佐賀県との協働実績があります。

未経験の方も、編集長や先輩メンバーが企画立案や取材活動、記事ライティング等に最初から最後まで付き合います。活動を続けながら少しずつ慣れて、一人一人の視点で取材先を探し、読者に有意義な暮らし情報を発信できるようになることが、最終目標です。

編集部の活動を通して「知人・友人が増えた」「地元がもっと好きになった」「記事への反応があってやりがいがある」など、メンバーの多くはポジティブな経験をしているようです。

申し込み方法

大字基山のお問い合わせフォームより、件名「編集部メンバーについて」として、お名前(本名)、年齢、居住地、連絡先(電話、SNSアカウントも可)、本業、編集部に協力できるスキル項目、簡単なプロフィールを明記の上、ご連絡ください。

直接のメールは、info@ooaza.com まで。

いただいたメールは、編集部メンバー全員で、読んでいます。

ご縁がありますように!

「お会いしましょう!」となった際には、応募者の都合の良い日時で基山町内公共スペースにて面談を予定しています。子育て中のメンバーばかりなので、子連れでも、もちろん大丈夫です!

なにはともあれ、編集部は「出会い」を求めています。どんな方が、どんなきっかけがあれば、基山町を拠点にする編集部の活動に付き合ってくださるのか、知りたいと思っています。

まずは、編集部メンバーの素顔や、活動内容にちょっとだけ、触れてみませんか。

多くの方からのお問い合わせ、楽しみにお待ちしております。

SNSでフォローする

メニューは表示されません