佐賀県基山町発ローカルメディア〜おおあざきやま〜

2018年3月もっとも読まれた記事TOP10&番外編

2018年3月にもっとも読まれた記事をランキング形式でご紹介!

ランキング外となった記事も、1本だけ番外編としてご紹介しちゃいます。今一度、読んでみると面白い…かもしれませんよ?

もっとも読まれた記事ランキング10位〜1位

10位

3月には鳥栖フレスポで、無料の絵本原画展が開催されていました。

話題の絵本のイベントということもあって、期間中の来場者数はなんと13467名に達したとか!基山町からもきっと、多くの親子がお出かけしたんじゃないでしょうか?

9位

基山町の第1期地域おこし協力隊の2名が、2018年3月末、その任期を終えました。

その記事のランクインが、本人たちが思っていた以上に多くの町民に受け入れられ、頼られ、愛されていた事実を物語っていますね!

そしてさっそく4月には、新たな地域おこし協力隊が基山町入りしているようです。

8位

3月の春休みシーズン、基山町内の子ども向けイベント情報をまとめてご紹介していました。

天候にも恵まれ、どのイベントも盛況のうちに終了しています。

7位

イベント直前の登場&紹介となった、町内に誕生した新しいまちづくり団体の記事。

当日は町内外から参加者が集まり、酒蔵のお掃除や、ランチの手作りピザ、夜のBarイベントと終日盛り上がったようです!

6位

3月3日に開催された、プロ野球オープン戦情報がランクイン!

当日のお天気は残念ながら雨。両チームの監督が佐賀県出身という注目の対決、勝敗は広島が10-0で圧勝という結果でした。

5位

春休みシーズンが始まり、基山町を飛び出して佐賀・福岡エリアのお出かけ情報を厳選!

大人に春休みは存在しませんが(涙)、子どもたちにとっては束の間の、貴重な長期休暇。お役立ち情報として、多くの読者に重宝いただけたようで何よりでした。

これから5月のGWまで続く催し物も多いので、引き続き要チェックの記事です!

4位

国内初にして唯一という前衛アートの現場が基山町にある、という再発見!

町内外から熱視線が注がれた結果、さっそく現地を訪れた読者の方もいらっしゃったようで…誰かの行動のきっかけに、新たな出会いのきっかけに、大字基山がなれたこと。

これほど編集部冥利に尽きることはありません。

3位

続報を目論んでいましたが、なかなか目処がたちません…!

どうやらJR九州のダイヤ見直しは過去に例のない規模感となっていたよう。福岡都市圏を含め、九州ほぼ全域で新幹線から普通列車まですべてが減便となっています。

2位

殿堂入り記事決定です!もういいですよね(笑)。

本当にファンが多すぎます…いきなり!ステーキ!!佐賀基山店!!!

1位

青天の霹靂。3号線沿いのコンビニ閉店情報が3月のアクセスランキング1位でした。

新店舗情報を心待ちに、跡地を見守っていきましょう!

番外編

多くの方に知っておいてほしい、近郊の医療事情。県境の地域だからこそ、緊急時には覚えておきたい情報を詰め込みました。

大字基山はこれからも少しずつ、近郊の医療情報を利用者目線で、まとめていきたいと思っています。

by
大字基山編集長 / フリーライター
福岡市出身の基山町在住、2児の母。
佐賀新聞で、鳥栖・基山地区の地域リポーターとして取材・執筆もしています。
SNSでフォローする

メニューは表示されません