佐賀県基山町発ローカルメディア〜おおあざきやま〜

【元旦スペシャル】2018年の人気記事TOP10

皆様、明けましておめでとうございます!大字基山編集長の江藤です。

2018年に活動2年目に入った大字基山。昨年お届けした記事の総数は、1年間で217本でした。皆さんのお役に立った記事、記憶に残った記事、残念ながらそうでもなかった記事などなど…。どの記事も編集部一同、一生懸命向き合い、取り組んできました。

そこで元旦スペシャルと題して、過去1年でもっともよく読まれたページをランキング形式でお届け!

今年も暇つぶしに、息抜きに。時には必要に迫られて。

基山町にお住いの方を中心に、多くの方に大字基山を読んでいただけますように!

2019年もどうぞよろしくお願いいたします。

10位

2019年から町内唯一となる、私立幼稚園の潜入レポート。大字基山がスタートした初期に公開した記事ですが、2018年もよく読まれていました。近々新しくなる園舎も完成次第、取材を申し込みたいと考えていますよ!

9位

基山町民多くの関心事、「基山モール商店街のトライアル跡地」。2018年6月、「きやまクリニックモール」としての新たな門出をレポートしました。商店街のグリーンロードも今まで以上に日当たり良く、さらにオープンな空間になりました!

8位

佐賀県、福岡県の夏は、暑い!そこに豊かな山・川・海もあれば、整備された避暑地も各地に点在しています。2018年夏、大字基山で「15選」として水遊びスポットをまとめた記事が、人気を集めました。

7位

町の歴史ある病院、きやま鹿毛医院の一角が日本初のアート集団・福祉施設に大変身していた件。一見ひっそり、しかしPICFAの活動は常にエネルギッシュで立ち止まる気配を感じさせません!町を元気に、日本を元気にしてくれるパワースポットとして、2019年の活動も楽しみです。

6位

目立つ場所にオープンした新スポットも、長く注目を集めています。2017年秋に始動した珍しい多肉植物専門ショップはその後、カフェはドリンクのみの提供となっていますが、その勢いは年を追うごとに加速していきそうな予感!

5位

2018年から、基山町の子育て環境のアップデートが始まっています。唯一の町立保育園の再整備と、園舎の移転の真っ只中…その概要をまとめた記事が、ランクイン。2019年4月には、新しく認定こども園がいよいよオープンします!

4位

「地元に貢献したい!」そんなお店の熱い想いに応える形で、上位にランクイン!いわゆる「お店」がなくなってしまった町内エリアに誕生した、コンビニのような産直市場。黄色い外観と、「ん?」と気になる看板が目印です。

3位

年間通じて、町内の「開店」「新店舗」のニュースは、大きな話題を呼びます。2018年に1番注目を集めた「NEW OPEN」は、全国チェーンのいきなり!ステーキ佐賀基山店でした!

2位

「基山町といえばエミュー」「エミューといえば基山町」そんな町のイメージがどんどん、拡大していますね!2018年は町産エミューの地産地消も実現するなど、地元の認知度も上昇中です。

1位

2018年、もっとも大字基山で読まれた記事は、4月に基山町にオープンした「憩の家」の現地詳細レポートでした!早くも近郊の注目を集め、また愛される施設へと成長を遂げているのを感じますね。今年もいっぱい、利用していきましょう!

 

2019年は、皆さんにどんなフレッシュな話題をお届けできるのか!?基山町の新たな動き、試みにこれからも目が離せません♪

by
大字基山編集長 / フリーライター、プランナー
福岡市出身、2児の母。
佐賀新聞で、鳥栖・基山地区の地域リポーターとして取材・執筆もしています。
SNSでフォローする

メニューは表示されません